校名の意味 

 

 
「翔陽」は太陽に向かい大空をかけるという意味で、力強く、明るく、 大きく、伸び伸びと羽ばたきたいという思いを込めた学校名である。
       
 
 滋賀県立彦根翔陽高等学校校歌 

 

 
作詞 横 川 秀 二   作曲 仙 波 暢 子
1.あざやかに 匂(にお)う伊吹峰(ね)          
朝空に 映えるこの窓
希望はてなき
若人(わこうど)の 瞳(ひとみ)うるわし
ああ われら ここに集いて
はぐくまん ゆたかな知性を
2.彦根城 晴れし佐和山
風そよぎ 光るこの庭
理想かかげて
若人の 意思はたくまし
ああ われら ここに集いて
ふみわけん 正しき道を

3. 芹川の 堤草萌(も)え
雲遠く 清き学び舎(や)
未来を背負う
若人の 心さやけし
ああ われら ここに集いて
もとめゆかん 永遠(とわ)の真実(まこと)を