第34回 卒業証書授与式が行われました

 

 

 3月1日(月)に「平成21年度 第34回 卒業証書授与式」が本校体育館で執り行われました。来賓、保護者、職員、在校生に見守られる中、学校長より卒業証書が授与されました。卒業生代表「答辞」では、高校生活の思い出やエピソードを交え、保護者や教員、友人に対する「感謝の言葉」が述べられ、印象的でした。在校生にとって、高校生活の指針を示してくれました。卒業生は、これから、それぞれの道を歩んでいくことになりますが、滋賀県立彦根翔陽高等学校で学んだ多くのことを礎に、さらなる成長と活躍を期待しています。ご卒業おめでとうございます。

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  第4回 彦根翔陽高等学校 総合学科発表会が開催されました

 

 

 2月17日(水)に「第4回 総合学科発表会」が本校体育館で開催されました。これは、1年生から3年生まで日頃の学習成果を発表したり、作品成果物の展示をするもので、生徒が実行委員会を結成し、生徒が企画・運営をすべて行います。後輩は、先輩のすばらしい研究発表や、完成度の高い展示物を見聞することで、次年度以降の学習の参考にしたり、目標となります。1・2年生は、3年生を目標に研究および学習に取り組んでみました。

 オープニングに、1年の音楽選択生によるハンドベルの演奏で幕を開けました。
 1年生は、「産業社会と人間」から「グループワーク」から「何故、彦根城は世界遺産にならないか」
  「関西と関東の違い」の研究発表と「ライフプラン」の発表がありました。

 2年生は、「総合学習T」から「オルゴールの不思議」と「花の魅力〜ハマナスから学ぶ〜」の研究発表が 
 ありました。
 3年生は、「総合学習U」から「潜在能力について」「精進料理について」「幼児と遊び」の研究発表が
 ありました。

 どの発表も、フィールドワークで発見できたことや実演などを交えながら、わかりやすく説明されました。

 また、「フィットネス」の授業から「エアロビクス」、「発達と保育」から「手作り紙芝居」の実演、「環境科学」から「SPP事業による校外学習」について発表がありました。その他に、芸術や家庭、情報の作品の展示や休憩時間には「販売演習」選択生による販売実習も行われました。

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  SPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)

 

 

 10月23日(金)に「環境科学」の受講生が多賀町立博物館において野外実習や、博物館での実習を実施しました。「野外実習」では、多賀住友セメントの敷地内崩壊斜面において、古琵琶湖層についての野外観察をしました。「博物館内での実習」では、館内展示のアケボノゾウ、古琵琶湖層の化石、各種生物標本による学習を行いました。学芸員の先生から詳しいを説明を聞いたり、野外実習をするなど、学校では体験できないことばかりであり、生徒にとって有意義な学習ができました。
          

 「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト」(SPP)は、生徒の科学技術、理科、数学に対する興味・関心と知的探究心等を育成するとともに、進路意識の醸成及び分厚い科学技術関係人材層の形成を目的として、学校等と大学・科学館等との連携により、科学技術、理科、数学に関する観察、実験、実習等の体験的・問題解決的な学習活動を実施する際の支援等を行うものです。

 

 

 

 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  情報管理系列 滋賀大学で「情報処理実習」

 

 

 11月27日(金)に情報管理系列の2年生が滋賀大学で「情報処理実習」を行いました。滋賀大学の情報処理センターにおいて、講義や実習、施設見学などをしました。「情報の伝達」や「情報の処理」についての講義では、「情報」を高校の授業とは違った角度から説明してくださり、関心を持って聴いている様子でした。

 その後、実習やサーバ・ネットワーク機器の管理室を見学し、ネットワークに関する説明を伺いました。教科書でしか見たことがない機器を、実際に目にすることができ、貴重な体験をすることができたようです。

 

 

 

 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  「さくらんぼショップ翔陽堂」 えびす講で販売実習

 

 

 11月21日(土)22日(日)に彦根のえびす講での販売実習を実施いたしました。昨年に続き、今回で2回目の出店となります。初日は、あいにくの天候で、思うような販売実習ができませんでしたが、2日目は、天候にも恵まれ、多くの方に商品を購入していただきました。

 「販売演習」「販売企画」の科目で学習した生徒が、実習をとおしてマーケティングの流れや、販売の技法を学びました。今回は、昨年度より商品数を増やし、企業や養護学校、農業高校から花や野菜、ジャム、陶器などを仕入れ、販売しました。その他にも、おしるこの販売やバザーを行い、盛況のうちに終了することができました。

 

 

 

 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  飛翔祭(文化祭・体育祭)

 

 

 7月2日(木)3日(金)に文化の部、7月7日(火)に体育の部が実施されました。文化の部では、1年がクラス展示、2年が模擬店、3年がステージ発表を披露しました。各クラスとも、工夫を凝らしたすばらしい発表となりました。特に、3年生のステージ発表では、笑いあり、涙あり、メッセージありなど見ているものを飽きさせないステージとなりました。

 体育の部は、一時、雨で中断することもありました。特に、最後のフィナーレを向かえる直前の「どしゃぶり」の雨に見舞われ、残念ながらすべてを実施することはできませんでしたが、全校生徒がクラスの団結力を競い合う、熱気にあふれた一日となりました。

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 
  芹川清掃

 

 

 6月6日(土)、ボランティア活動の一環として、翔陽高校の隣を流れる芹川周辺の清掃活動を行いました。翔陽生120名が参加したこの活動は、地域住民が主催するもので、地域とともに歩む彦根翔陽高校として地域に感謝する意味もあります。また、環境問題やゴミ問題の意識を高める取り組みとしても、価値あるものとなりました。