情報管理系列とは

 

 

情報、コンピュータ、経営を中心に勉強します。

情報系・コンピュータデザイン系・経済・経営・商業系への進学や公務員、企業への就職を目指します。

       
チャレンジする資格・検定(一例)
経済産業省 基本情報技術者試験
経済産業省 ITパスポート試験
全国商業学校協会 情報処理試験 プログラミング部門1級
全国商業学校協会 情報処理試験 ビジネス情報部門1級
パソコン検定協会 パソコン検定(P検)2級、準2級
   
 
  特色ある選択科目
 
プログラミング 商業計算
マルチメディア 文書デザイン
ハードウェア&ソフトウェア 情報演習
Webデザイン ビジネスマネジメント
システム開発 英語実務
ビジネス情報  
       
 
  卒業生の主な進路
 
滋賀大学 経済学部 情報管理学科
同志社大学 商学部
立命館大学 情報理工学部
関西大学 総合情報学部
関西大学 商学部
京都産業大学 コンピュータ理工学部
京都産業大学 経済学部
龍谷大学 社会学部
専修大学 商学部
就職

旭化成住工(株)、アイリスオーヤマ(株)、アインズ(株)、近江鉄道(株)、
福山通運(株)、新神戸電機(株)、マルホ(株)

       
 
  卒業生からのメッセージ 関西大学総合情報学部 Hさん
 
  「経済産業省ソフトウェア開発技術者試験に合格! 新聞にも掲載されました。」
  私は情報管理系列で、情報処理の基礎について広く勉強しました。高校生活で最も力を入れたのは、資格の取得です。国家資格である基本情報技術者の取得を目指し、授業を中心に学習を重ねていき、2年生の10月の試験に備えました。私は何とか合格し、「もっと上を目指したい」という気持ちが芽生えました。そして、ソフトウェア開発技術者(現在の応用情報技術者試験)に向けて勉強しましたが、3年生の春の試験には失敗してしまいました。この時の悔しさをばねに、綿密に計画を立てて勉強し、3年生の秋に合格することができました。内容が難しく、大学受験と同時期に試験があったこともあり、苦しさとプレッシャーから何度も諦めようと思いましたが、それを乗り越えて翔陽初の合格ができた事に今は誇りを持っています。
 高校の3年間は、長いようですぐに終わってしまいます。ただ受験に役立てるためだと思わず、自分が頑張った証としていつまでも残せる「資格」を、皆さんもたくさんチャレンジしてください。